9.08.2010

EC SURFBOARD bio


PIPPEN STOREで取り扱うメインブランド”EC SURFBOARD”のご紹介です。
14歳からサーフィンを始めたエリック。4つ上の兄のクリス・クリステンソン(christenson surfboard)はそのころ既にシェイプしており、見てるいるうちに自分にも出来ると初のシェイプを試みた。元々、ボードデザインに興味があったエリックはデザインと動きの関係を頭では理解していて、出来上がったアウトラインはイメージ通りだったそう。
しかし、いざ乗ってみると最悪...
以降、暫くシェイプから一時離れていたが、再びチャレンジ。
21歳に、当時スキップフライに師事してフィッシュを削っていた兄クリス影響を受けて、エリックもスキップのシェイプルームへ。
そんなエリックの生み出すボードには偉大なる師スキップフライと兄クリスからの受け継いだクラフトマンシップが宿り、そこに独自のアイデアが加わって最高のボードが出来上がります。
彼は1日に2-3本しか削らない職人気質の強いシェーパーでもあり、ハンドシェイプにとことんこだわっています。ハイパフォーマンスなショートボードからクラシカルなlogまで、彼が削るボードは多彩で楽しく素晴らしいパフオーマンスを感じさせてくれます。
独自のコンケーブデザインを導入したフィッシュボードやボンザーはエリックの最大の特徴。特にコンケーブデッキは足の設置面がフラットなので安定していてレールが水面に入りやすく、上手くかみやすくなる構造です。


PIPPENの1番のお気に入りはPISTORELO(ピストレロ)ポイントノーズとダイアモンドテールが相性最高。
”最も重要なのはレール形状。レールのバランスが良ければ
水はスムーズにボトムへ流れる”

eric christenson